初期費用ってどれくらいかかるの?

『初期費用いくらになりますか』


お部屋探しでをしている中で、誰しもが1回は言う台詞だと思います。

賃貸物件のポータルサイトを眺めていても物件ごとに書いてある事がまちまち・・・・
なんて事も多くありますよね。

そこで、今回は初期費用の仕組みについて解説します!

共通項目

①敷金
 
 借主が貸主に対して賃料滞納・損害賠償の担保として預けておく保証金をいう(岩波書店 『広辞苑 第六版』)
 
 つまり、退去の際に家賃を滞納していたり、お部屋を汚してしまった部分があった時に、
 この敷金で預かった金額から精算させて頂くようになります。
 富士見市では、0ヶ月~1ヶ月でのご案内が多いように感じます。
 (ペットを飼育される方は、既定の敷金+1ヶ月でのご案内が多いです)

 ※最近では、敷金がない代わりに、予めクリーニング費用として預かる事も多くなってきました。

②礼金
  
  賃貸借契約を締結する際に、借主が大家に対してお礼として支払う金銭をいい、
  退去時に返還されないものいいます。

  最近の富士見市周辺ではあまり見られませんが、
  新築や築浅・人気のある物件だと、礼金がついている物件が比較的多いですね。

③入居月の家賃・共益費

  入居開始日から、その月の末日までを日割で計算した分の家賃と共益費です。
  
  そのままですね!
  
  月初に入居するか、月末に入居するのかで、大きく金額が変わってきます。

  (入居が早いか、遅くなるのかの違いなので、損得はありませんが、参考までに。)


④翌月分の家賃・共益費
  
  契約開始の翌月の家賃と共益費の事です。

  これもそのままの意味ですね!
  
  ただし、引落口座の登録法・タイミングによっては、初回引落が契約開始の翌月分も間に合いますので、
  契約金から差し引く事が出来る可能性があります。(後日、通常引落となります。)
  一度、ご契約の担当者に聞いてみるといいかもしれませんね。

⑤仲介手数料

  ご案内やお申込み・契約手続きをさせて頂いた仲介業者へお支払いいただく手数料です。
  お部屋探しのサービスに対する料金です。
 
  基本的には、ご契約頂お部屋の家賃1ヶ月分(+税)ですが、
  キャンペーン等で割引があったりします。
  また、仲介会社が自社で所有している物件はご契約時に仲介手数料が発生しませんので、
  そこに注目してみてもいいかもしれませんね♪

ほぼ共通項目

①家財保険
 
 入居中に事故があった場合に使う保険です。
 水漏れ被害や空き巣、他入居者に多大な迷惑をかけてしまった場合にこの保険で対応します。

 管理会社指定の保険に入って頂く事がほとんどではありますが、
 お勤め先等で、保険に入られていたり、個人で別の保険に加入されている場合、
 リゾンの管理物件では、そちらで代用出来ます。
 ※ 借家人賠償責任が項目として含まれているものに限ります。


②保証会社

 家賃を滞納してしまった際等に、オーナー様へ代理として入金してくれる会社です。
 (後に、代理弁済分を契約者様へ請求させていただきます) 

 最近では、連帯保証人をたてずに、保証会社へ加入して頂く事が入居条件としている
 管理会社が多く、契約時に保証会社加入料を請求する仕組みになっています。
 
 保証会社にはいくつかパターンがあり、

 更新費用なし→月々の家賃に上乗せ
 更新費用あり→月々の支払は無いが、○年ごとに▲円と指定があります。

 この2つが主流となっています。

 下記ページで仕組みを詳しく記載していますので、
 ぜひ、ご参考下さい。

http://lizon-mizuhodai.jp/entry/314373

管理会社ごとに異なる項目

契約時に皆様へ購入または加入をお願いしているものです。

鍵交換をしなければ入居できない物件や、
オーナー様より緊急対応サービスへの加入をお願いされている場合もあります

物件資料に項目と金額を記載していますので、備考欄までしっかり確認をおねがいします。